キオクノカケラ

バイクや自転車で、あっちこっち行ったツーリング日記です。たまにキャンプもします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東北ツーリング(1)

3月末で東北道等の無料化措置が終了してしまうということで、3/25~26と一泊二日の東北ツーリングに出かけてきました。
前日の天気予報で、仙台宮城方面は午後から雨となっていて心配です。


出発!
とりあえず3時過ぎに起き出して、出発準備と整えます。
今回はキャンプはせず、満喫か安宿に宿泊する予定なので準備は簡単に済みます。
1泊分の着替えとパーカーをザックに突っ込み終了。
ザックは完全防水なので、雨が降っても安心です。
後は本人が、完全冬用装備を着込んで完了。
4時にはバイクのエンジンをかけて、真っ暗な中を出発。

この瞬間が、結構好きだったりします(´∀`*)ウフフ


夜明け
自宅→R16→R6と走って水戸を目指します。
茨城に入って給油の為、ガソリンスタンドに立ち寄ります。
最近はコンビニと隣接してたりして、便利ですよね。

今日の予定ルートは、常磐道の水戸ICからのって、磐越~東北道と走って行くつもりでした。


雨が!
水戸市に入ったけど、常磐道・水戸ICの案内が現れないので、イレブンに立ち寄り地図を確認。
R6は水戸くらいまで来ると、常磐道と結構離れて行ってしまうんですね。
酒門町交差点で、R50に左折して水戸ICを目指します。
この時、シールドに雨粒が落ちてきたんですが、直ぐに止んだので油断してました。
水戸ICから、常磐道にのる頃には雨足が強くなり始め、田野PAで雨宿り。

このまま行くか、引き返すか悩んだ末、天気予報を信じて雨雲を追い越すことにしました(;・∀・)
そうと決まればノンストップで、いわきJCTを目指します。
複数通過するトンネルがありがたいこと・・・(;つД`)
中郷SAもサクッと通過しちゃったんですが、これが思わぬことになりました。

いわきJCTで磐越道に進み、今度は郡山JCTを目指します。
この頃には、日差しも出てきて気持ち良く快走を続けます。
常磐道・いわき湯本IC付近に差し掛かった頃、燃料警告灯が点灯したんですが、磐越道に入ったらSAで給油すればいいや位に考えてました。
磐越に入り始めの休憩所がPAでした・・・。

・・・(;´Д`)アレ?

リザーブに切り替わってから25kmくらい走っちゃってます。
PAで地図を確認してみると、次のスタンドがある阿武隈高原SAまで、どう計算しても30kmはあります。
私のバイクは燃費23km/Lなので、満タンに入れても7.6Lしか入らない燃料タンクでは、175kmしか頑張っても走りません。

脳裏には『JAF』の文字がチラつきます。
残り20kmの範囲でスタンド・・・。
地図と睨めっこを暫く続け、最悪押して移動することも考えつつも、自分で何とかするために小野ICで一旦降りて、スタンドに駆け込む方法を選択しました。


ガス欠ギリギリ
何とか押して移動はせず、ガソリンスタンドに辿り着きましたが、このスタンドが休みだったらと思ったら、ゾッとします(´・ω・`)
この時給油した量が、7.33L。


・・・ホント、ギリギリでした(;´Д`)
途中、吹かさないで80km走行してたのが、絶対良かったんだな!


あぶくま洞
さて給油も済み、一安心して地図を眺めてると、近くに『あぶくま洞』があることに気付きました。
以前、復興支援で福島に来ていた時に、一回は行って見たいと思っていた場所だったので、迷わず向かいます。
もう、天気予報の午後から雨とか、忘れちゃってます(´ヘ`;)

到着
到着。
結構な高さを登ってきます。
結構高い
上がって来るまでのクネクネ道、セローとの違いが明らかにわかりました。
登り坂でもストレス無い!(TдT) スゴイヨWR

洞内入口
いざ、洞内へ!

洞内(1)
洞内(2)
洞内(3)
洞内はこんな感じで、さまざまな鍾乳石を見ることが出来ます。
内部は公開してる部分だけでも600mあり、追加料金で更に120m延長されます。
さらに未公開部分は2500mもあり、相当な広さの鍾乳洞ですね。

洞内は15度
外よりも、洞内の方が温かいので、小一時間はウロウロしてましたかね。
かじかんだ手も元に戻ったので、再出発です。
今更ながら天気が心配ですが、空を見る限り快晴です。
ホント降るのかな?


アメリカンドック
余裕を見せて、最近のマイブームであるアメリカンドックを食べてみたり(^-^;


大和IC
給油に注意しつつ、郡山JCTから東北道・大和ICと乗り継ぎ、無事に無料で高速道路を走破。
一般道に進みます。
ここからは、ツーリングマップル東北版を持ってないので、スマホのナビ便りです。
目的地は、以前復興支援で石巻に来た時に、寄りたかった『伊達正宗歴史館』!(*゚∀゚)=3

・・・と、周辺の松島観光です。


(続く)
スポンサーサイト
  1. 2012/03/29(木) 20:45:21|
  2. WR250X
  3. | コメント:2

シート交換

ツーリング記事より、整備記事の方が多くなってますね。
これも寒さのせいなんでしょうか・・・(;・∀・)

そんなこんなで、YSPさんに頼んでた輸出用純正シート(ハイシート)が届いたので、仕事の隙を見計らって受け取りに行ってきました。
手元に有ると、弄りたくなるのがヒトというもの。
さっそくレンチを・・・
シート正面
2つのシートを較べてみました。
左の黒いのがハイシートです。
完全に座面の大きさが違います。

シート横
横から見ても、シートの厚みも違うのが人目で分かります。

ハイシート取付後
取り付けてみました。
跨った感じ、多少高くなったかも?程度の差ですね。
元々が、跨って両方のつま先が付くくらいだったので・・・(´ヘ`;)
これでお尻が痛くならないといいけど。

比較してみた
較べてみました。
かなり違うのが分かります。


25・26日と連休が取れたので、キャンプツーリングに出かけるか、東北道の無料化が終わる前に仙台まで行こうか迷ってます。
キャンプツーリングは、千葉の館山になっちゃうだろうな。
伊豆とか東北方面も考えて調べたのですが、まだまだ最低気温が0~3度くらいしかなく、私が持ってる装備では無理なんですよね。
-10度とかにも対応してる寝袋が欲しい所です。

やっともらえた連休なので、良く考えてノンビリしてきたいところ。
新シートの試走も兼ねてるので、楽しみです(^-^)v
  1. 2012/03/23(金) 22:14:58|
  2. WR250X
  3. | コメント:0

増し締め!

前回の更新から、時間が空いてしまいましたが・・・。
たった今、増し締め等の点検と試走をしてきました。

特に緩んだ箇所も無く、排ガスの漏れも無いようです。
液体ガスケットも、何とか固まったようです(;・∀・)

試走の方ですが、今まで酷かったエンジンブレーキがマイルドになり、運転しやすくなりましたね。
一気に変えたので、何がどうなって良くなったのか分かりませんが・・・(´ヘ`;)

燃調は、+2に変更しときました。
あまり濃くすると、高回転時にスカスカになるっぽいのと、燃費が極端に悪くなるそうです。

一般道から高速まで走ってみましたが、高速走行時もアクセルを開ければ、ググッと前へ出てくれる感じがしました。
ただ今までと同じつもりで、コーナー立ち上がり時に早めにアクセルを開けすぎると後輪が滑ります。
・・・これはもしかしてパワードリフトってやつですか?!
低速時のトルクも増したようです。
100km/hまでが早い早い。
これで高速の合流も怖くないはず!
最高速はアレですけど、スピードの緩急は中々なんじゃないか?
これなら下道ツーリングなら、大型にも何とか付いて行けそうです(^-^)
  1. 2012/03/15(木) 23:25:17|
  2. WR250X
  3. | コメント:2

吸排気系カスタム

みなさん、こんにちは。
期末時期で忙しい最中、やっと休みが取れたので、バイクを弄ってました。
今回弄ったのは、吸排気系全般です。

まずは作業前。
作業前

シート&カウルを取り除きます。
外したボルト類は無くさない様に、工具の蓋の上に並べておきます。
ソロソロ外すボルトの数が増えてきて、どこのボルトか分からなくなりそうですね・・・。
シート&カウル取り外し
この後、作業し難いのでシェラウドも外しちゃいました。

まずノーマルマフラーを外す前に、やって置く作業があります。
1つはAIキャンセル。
細かいことは先駆者の方々のブログを見てもらうとして、一連のシステムを全部外しちゃう派と、いつでも復旧出来る様にホースだけ抜いとく派に分かれるようですが、私は自信無いので後者を選びました。
写真手前上に写ってるホースが、奥中央のK&Tと書かれてる部分につながってたのですが、そこを外して目くら蓋と栓で処理してます。
AI蓋
これでアフターファイアが起らないらしい。

もう1つがEXUP(エグザップ)システムの取り外し。
これは直接マフラーに付いてる部分と、そこからワイヤーでつながるサーボモータの二つで構成されている。
EXUPの機能については、YAMAHAさんのWEBでも見てもらうとして、意外とワイヤーが曲者でした。
ばらし過ぎて、サーボモータ内の歯車をバラ撒いちゃったのは秘密です(;´Д`)
何とかワイヤーを外したら、サーボモータは元に戻しておきます。
コレを外しちゃうと、エラーがメーターに表示されっぱなしになっちゃうそうです。
ここまでくれば、後はマフラーを固定してるボルトを抜いて下ろせます。
ノーマルマフラー
私はエキパイ部分も交換するので全部外しましたが、スリップオンなら真ん中のクランプから後ろを外せば終わりですね。
純正マフラーは、箱に仕舞って大事に保管しておきます。
何故なら、買うと10万以上する品物だからです!・・・(;´Д`)ウウッ…

高い!

しかも、重量も10kgくらいあるそうです。
今度付けるマフラーは2.5kg。ウチの猫2匹分くらい違いますね。

マフラー下ろしたところ
マフラーを下ろしてすっきりしたWR。


さて、こっそりヤフオクで購入しといたマフラーを取り付けにかかります。
新品を買うと輸入品で5万強、エキパイで4万弱くらいが相場っぽいですが、流石にそんなには出せないし他にもカスタムしたいので中古品を探しました。
3000km走行して、マフラーエンド部分のステッカーに少し傷がある物を発見。
しかもエキパイまで付いていて3万強で落とせそう!(*゚∀゚)=3

・・・落としちゃいました、3万6千円(諸経費込み)で。
マフラー組み付け
そのマフラーを組み付け。

使っていた物なので、ボルトの穴が合わないとか、エキパイとつながらないといった問題はありませんでした。
マフラーとエキパイのつなぎは、液体ガスケットを使ってみました。

FMF社のQ4&パワーボムのセット。
興奮してエンジン回してしまって、慌てて切った。
液体ガスケットって、固まるのに1日かかるんですよね。
・・・失敗したOTZ

ついでにエアクリの蓋に穴を開けときました。
排気が増えたんだから、吸気も増やしておかないと。
WRは頭が良いので、電子制御でエアクリの蓋もパカパカやってるらしいのです。

マフラーUP
マフラーエンドの小傷。品物本体には影響無い感じ。

燃調設定
燃調も少し弄っておいた。
私のWRは、基本設定が0だったので、とりあえず+6にしときました。
濃くしとくのが、マフラー関係を弄ったら基本だそうです。
後でサブコンの購入を考えてますけど。

完成
今日のところは、コレで完成。
明日の夜にでも、体力に余裕があれば試し乗りしたいけど、無理そうだよなぁ・・・

・・・(;つД`)
  1. 2012/03/11(日) 20:22:47|
  2. WR250X
  3. | コメント:2

カテゴリ

自己紹介 (1)
XT1200Z (48)
KLX125 (8)
リンク (1)
KSR110 (2)
WR250X (18)
雑記 (9)
自転車 (1)
MT-09 TRACER (20)
serow250 (9)

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。